Daily Archives

One Article

外為オンラインの特徴について

Posted by shimada on
未分類

外為オンラインは、FX取引を専門に行っている金融先物取引法業者です。FX取引に参入したのは2006年からで、サービス名として外為オンラインを使っていましたが、2008年には商号をそれまでの新日本通商からサービス名の外為オンラインに変更して今日に至っています。外為オンラインの特徴は当初からオンラインによる取引に特化しているということです。対応する端末はパソコンのほか携帯電話、スマートフォン、タブレット端末などあらゆるデバイスで行っています。特にパソコン版にはFLASHを取引画面に使っており、ブラウザから利用することができます。ブラウザから利用することが可能なので、専用の取引ソフトをインストールしなくても取引を行えるメリットがあります。

現在の外為オンラインのレバレッジは2011年の法規制以降は、個人では最大25倍となっていますが、法人口座はレバレッジは最大で200倍まで設定することができる特徴があります。また積極的にFX取引に関するセミナーを行っているのも特徴としてあげられます。取引自体の特徴としては、手数料が無料で米ドル円のケースではスプレッドが1銭に固定されている点です。またスワップ金利も高く原則固定です。取引単位も1000通貨から可能であり、証拠金が1万円以下での売買ができるなどの特徴があります。なお、証拠金に関しては、初回入金は5000円からで、必要証拠金額は取引額の4%となっています。またマージンコール比率は5%、ロスカット比率は25%と100%に設定することができます。外為オンラインそのものはFX取引を専門に行うことを目的とした業者であるため、FX取引に関して手数料以外の強みも持ち合わせています。特に情報配信力に定評がありますし、約定力も高く業界のリーディングカンパニーとも言える存在です。その証拠としてFX取引業者としては利用客の定着率が78%と高い水準にあり、定番のFX取引業者といえます。